かなこブログ

たまーに更新

書くこと

書こうとしていたブログが編集途中で消えてしまったので、これはある意味、言葉にしない方がいいのではないかと思っている。


ただ、小林麻央さんのことは密かにショックで、なんとも言葉に出来ないでいること。


長々しく、Twitterではなくブログに書こうとしたけども、それも編集途中で消えてしまった。

このままブログにも書かずにまた「わー楽しい」っていうツイートをすることもまた嫌だったのであえて書かせていただく。

このブログが誰の何人の人の目に触れるかなんてたたわずかばかりだろう。

でも何も書かない、というのはそれは嫌だなって思った。


わたしが、ただ遠い存在のわたしが言えることは、本当に素敵な家族、夫婦だったのだなーと感じたのこと。

笑顔は、やはり素敵だ。


マスコミとかの強行的な取材は、知りたいという視聴者のはるかかなたの想像を超えるものだと思う。

ただ、そっとしておいて欲しい。

関係の無いわたしが言えること。



うちの父もがんで亡くしている。

その13回忌が先日行われた。家族だけの13回忌。

父が亡くなる時に、わたしたちの声に答えるように息を大きく吸ったように、何かを言いたげにして息を引き取ったのがただ忘れられない。

父とは話も少なげで、決して分かり合えると言う関係ではなかったと思うけど、父の入院の時にわたしが1人で看ていた時に、大きくなって初めて手を握った、その時に少し驚いたような表情をしていたのを今でも忘れない。

もう喋れない、やりたい事の多かった父は何を感じていたのだろう。

長生きしたくないというわたしの反面、父は「脳だけになっても地球の最後を見てみたい」そうゆう人だった。



小林麻央さん、言葉にすればただそれまでになってしまいそうでなかなか言えなかったけど、御冥福をお祈りします。


海老蔵さんの会見を見る度に素敵なお2人だったのだと感じます。

そして舞台の合間で、悲しみを堪えての会見、すばらしかったです(この言葉が正しいかはわかりませんが)


ただひたすらに、そっと……

人間臭さ

あまりにも寂しくてあまりにも感情を顕にしたくて、でもそれはとても醜い事だとさえ感じてしまうから、僕は口をつむごう。


余計なことは言うまい。

例えそうして相手に想いを伝わらなかったとしても、自分を上手くさらけ出すことなんで出来ないのだ。


余計なことは言うまい。


今迄も僕はそうしてきたじゃないか。


本音を言える者なんて数少ない。いや、居ないかもしれない。この先、見つかるとも限らない。


装って装って生きている。

生きる意味など無いに等しい、けれど。


僕は今しか見ていないのかもしれない。

明日のことなんて分からないし、明日の楽しみなんて、今の寂しさと比較したらすぐ飛び降りてしまうだろう。



僕の生が尽きたら、海に遺骨を撒いてくれ。

そう願う。僕がこの世という所に存在していたと言う事を無かったことに、無かったことに。

記憶からすっと消えて無くなってしまいたい。

微かな記憶の中で忘れられていくのは耐えられない。ならば始めから無かったことに無かったことに。



僕はこの世を悲観しているのではないのだよ。

僕はもう充分すぎるほど楽しんだのだ。

これ以上何かを望むのは。。。

今例え一瞬で消えても恨みや後悔なんて無いと思う。

やりたい野望も。

ふっと終わりを迎える時、幸せだったなと思うに違いない。


違いない。

ゴールデンウィーク

お友達と会ったり、映画を観たり、いつもより連休多めで充実した日を過ごしているのだと思うけど、もうお休みも明日で終了。


そう思うと切ないですね。


予定のない連休とかはどうしても家にいるのが苦痛で、仕方ないのだけど、今回のお休みは何かと外に出る機会も多くて楽しみな反面、休みが終わるとなると寂しい気持ち。


もちろん祝日の方がお忙しい方々も沢山いて、連休をもらえるウチは幸せ者だと思うのだけど、休み明けの仕事が残してるものもあり気が重いです。


そんな中、手軽に現実逃避出来るのが映画。

最近はよく映画を観ています。

休み中は、無限の住人帝一の國美女と野獣を観てきました。


どれも素敵な映画でした。

無限の住人はまさにぶった斬りアクション。

殺陣の凄さやカメラワークとかに圧倒。


帝一の國は好きな役者さん沢山でお話も面白くてちょっと感動もありで、また観に行く映画でしょう。


美女と野獣はお話はある程度知ってはいたけど、映像の美しさや歌声の素晴らしさ(字幕で観たのでエマワトソンの歌声に惚れ惚れしました)

何気にディズニー映画あまり観てこなかった人間なのですが、最近は(前はどちらかと言うとミュージカルは苦手な方だったのですが)実際のミュージカルを観てすごくミュージカルも好きになっていた分、とても素晴らしかったと感じました。


そして少し前になりますが、ミュージカルと言えば、神田沙也加主演のキューティ・ブロンド。実際体調悪くし&チケットがなかなか手に入らずだったのですが、なんとかギリギリで観に行くことが出来て本当に感動しました。

こちらも前にお話は知っていたけど、神田沙也加ちゃんの役柄ぴったりで、神田沙也加ちゃんがますます好きになりました。


最近はライブより舞台やミュージカル、映画に触れることも多くて、また違った良さを感じることが出来ています。


やはり生で感じれるのは素敵だなぁと。


色んなことを吸収していきたい。

そんな毎日。

桜さくら

f:id:sakura07-k:20170416191438j:plain

地元も桜が満開になってきました。

土曜日に実家に泊まり、近くの道に咲く桜並木を歩いてきました。

片側の道に咲き誇る桜は斜面に咲いてるせいか他の桜並木よりも桜の花が近いのです。毎年此処に来るのが楽しみになっています。

一人でのんびりお散歩。

接写カメラやぎ魚眼レンズカメラをスマホに付けて撮影。

今年も来られたことに喜びです。



帰宅して家の近所の公園でひっそりお花見。お酒を持ち込んで。桜の下で日本酒。美味でした。


桜の季節ももうすぐおわり。

桜の歌が聴きたくなります。


秘かに遠征

体調崩して久々に熱。

こんなにも熱が出るのがつらいもんかと。。

薬もらって落ち着いたけど、インフルではないかと検査終わるまで本気で心配したです。

予防注射してるとは言え、かかる時は何したってかかるものですものね。


お休みもらってゆっくり休んだらなんとか回復したので、本日トンボ帰りの遠征をしてきました。

神田沙也加ちゃん主演のキューティーブロンド!神田沙也加ちゃんの魅力にたっぷりやられてきましたよ。マジカワイイ!

そして声が好きなんだなと再確認。前々から神田沙也加ちゃんのミュージカルは観たいと思っていたけど、キューティーブロンドで初見出来てなんか良かったと思うわけです。エルの役にピッタリって感じでとても素敵でした。

ちょっとうるるとくる場面もあったけど、前向きなエルの感じとキャストさんの雰囲気と演出で本当、元気をもらえた!って感じがする。

観に行けて本当に良かった。一時は無理かと思ったんだけど、、ね。色々感謝です。


また観たいようーーーー

そして新幹線での遠征てなんて楽なんでしょ!!ライブよりもカネ掛かってますよ、今回の遠征(笑)


いやいやー精進しないとね。

資格しかく

会社の後輩ちゃんが資格のお勉強し始めたのでやっとウチも重い腰をあげました。
薬局務めてもう十年以上・・・・・・資格もなく、高校卒業してプーしてたウチをよく雇ってくれたもんだと、色々辞めたい事件(?)はあったけどここまで続けたなーと。

ずっと薬局事務の資格は取りたいと思ってはいたけど、2年に1度の薬価改定に伴い、始める機会を逃してました。(言い訳)

今回は会社の後輩ちゃんの資格(別のだけど)に背中を押された感じではありますが、少し頑張ってみようと。。
でも長年薬局務めてるからか、ココはわかるし、とかって思いがあったりでなかなか思うように(素直に)進められず……でもいざ試験とかなると把握出来てないツケがまわってわからずわからず??になるのですな。
いかんなぁーー

もう勉強する仕方を忘れている。

最近はコンピュータ任せだから大まかな事がわかればだいたいOKみたいなとこがあって(本当はダメなんだけど)すっかり甘んじてしまっている自分がいるし、会社では算定していない加算とかの話になるとさらに???
1から見直すつもりでやらなきゃなんだけど、集中力が続かないーーそしてどうしていいかわからないーーー

家庭教師が欲しいです(泣)
通信講座で勉強する大変さ、痛感中。。

ボクラノオト

セツナレンサ限定復活&解散ライブ

ほかのバンドさんもかっこよくてとてもとてもいいイベントだった。

ほかのバンドさんのステージの時はただ楽しくてワクワクドキドキしている感覚。

セツナレンサのライブはなんかやはり胸がいっぱい。

正直、リアルタイムでセツナレンサのライブを観たことがなかったかもしれない。
3足やfamaが終わって、大好きなボーカリストたちの声を聴くことが出来なかった。そのあとの個々の活動はあまりわからなくて、セツナレンサのライブにもなかなか行けなかった。
でも昨日、ライブを観て、やはりもっちゃんの歌声もやったくんの歌声も大好きだなって思った。

正式解散ライブ、終わりが決まっているライブを観るのは何だかいつもとても胸がちくちくする。ライブはかっこよくて、演奏もかっこよくて、若干のトラブルはあったけど、やったくんのぽやりとしたMCはかわらずでなんか懐かしいような感じもして胸があつくなりました。

会いたい人にも会えた。
癒される。まぁみんなが知り合いのようで和気あいあいしてた中で、セツナレンサをリアルタイムで気づけなかった私にとってはちょっとその和には入れなかったけど、みんな笑顔で素敵な空間だなって思った。

みんな日常がある。
音楽に夢を掛けてる人たちには申し訳ないけど、たまにライブをやる(趣味のような)スタンスでもいいのではないかとふと感じてしまう。

ここんとこ、解散やらのライブを何個も観てきたけど、やはり「解散」と言葉に出されることはファンにとってはつらいものでもあるのです。
でもいつか必ず戻ってくるから……と言って音信不通になるバンドもあったりもして、それを待つのもつらいのかな?でもいつかと言う希望の中で覚悟を決めて待つのも希望をみれるからその方がいいのかなぁ。